Work

新卒で入社した会社を2年で辞めた理由

実咲
実咲
こんにちは、実咲(@twi_339)です

わたしはwebデザイナーとして新卒で入社した会社を、ちょうど2年で退職しました。

なぜ辞めようと思ったのか、同じような悩みを抱えている方の参考になればと思います。

賞与の支給が少なかった

一番最初のきっかけは給与関係でした。

入社して数ヶ月、入社した会社では新入社員にも夏の賞与が支給されました。
もちろん少なくて当然。その時はそれで納得しました。

そのあと約半年後、賞与が支給されました。
・・・が、夏の賞与とほとんど額が変わらず。

まだ1年目ということもあり、よくわかっていなかったのですが、
会社は経営状態が悪くなっていたのです。
それもわたしたち新卒が入社する直前に。

わたしは気づくのが遅かったのですが、
他の同期は1年経つか経たないか、のタイミングで決断をし、
ほとんどが辞めてしまいました。

実咲
実咲
同期が辞めていくことで、不安が募る日々でした・・・

同期だけでなく、先輩社員も辞めていく状況に、
会社への不安を感じるようになります。

一旦は踏みとどまった理由

その賞与のきっかけがあってから、
結局1年以上、わたしはそのまま働き続けます。
それはなぜか。

一緒に働く人たちが、とてもいい人たちだったからです。

ほぼwebデザイン未経験で、不安ばかりのわたしに、いつまでも寄り添ってくれた指導係の方。
歳が近いこともあり、細かなことに気を使ってくれた先輩。

インハウスだったので、社内の方から依頼が来るのですが、
依頼元の部署の方達も丁寧で、仕事がやりやすい。

しかも残業もほぼなく、定時で帰れる環境でした。

ここを辞めて、別の会社に行っても、そこは嫌な人ばかりかもしれない。
わたしのデザインは通用しないかもしれない。
残業だらけでデザインが嫌いになってしまうかもしれない。

マイナスな「かもしれない」を考えてしまい、
どうしても前向きな退職ができないと思いました。

友人がネットワークビジネスをはじめていた

高校の頃の友人から、いきなり連絡がきて勧誘を受けました。

実咲
実咲
こういうことって本当にあるんだ、と当初は驚きました。

わたしはすぐに「やる」とも「やらない」とも言わなかったので、数回勧誘を受けました。

友人はただ「一緒にやらない?」と言うだけでなく、今の日本の状況や、今後生きていく上で必要なお金の話、人生の話も交えていたので、話自体がすごく面白かったんです。

そして話を聞いているうちに、「今の自分は会社に依存してしまっているのではないか」と思うようになりました。

賞与が出なくて不満なのは、収入源が会社だけで、そこに頼りきりになってしまっているから。
もしこのまま賞与も出ず、昇給もしなかったら?もし会社が潰れたら?

ここからわたしは、副業・または副業ができる企業への転職・フリーランスなど、働き方を真剣に考えるようになりました。

実咲
実咲
会社を辞めることに対して、少し前向きに考え始めたのがこの時期です

ちなみにインターネットビジネスは向いていないと思ったので、結局断りました。

ベテラン社員の方が辞めることに

突然でびっくりしました。
そして、ここがタイミングだとも思いました。

辞めるということは、その方が抱えていた業務が他の人に引き継がれる。
このままだと、もちろんわたしにも引き継ぎが行われてしまいます。

いま業務を引き継いでしまうと、しばらくは辞めづらくなる。
このままずるずると働き続けることになってしまうのではないか?

辞めたあとのことは全く決まっていませんでしたが、
わたしはここで辞める決断をしました。

実咲
実咲
この一件がなかったら、おそらくまだ会社員をしていたと思います

それぐらい、突然で勢いでした。
でも優柔不断なわたしには、こういう強引なきっかけも必要だったと思います。

今後のはなし

会社員を辞めて2ヶ月。
正直なところ、いまは収入がありません。

この1年はフリーランスの働き方を模索してみて、
そのあとのことは、その時考えようと思っています。

フリーランスがわたしにはまだ早いかも知れない。
わたしには合わないかも知れない。
それを知るための1年にします。

と、いっても月々の支出はあるので。
貯金はありますが、それだけでは不安。
アルバイトか契約社員か、何らかの形で定期的な収入を得ようと思います。

まとめ

賞与面の不満をきっかけに、心の隅にずっとあった会社への不安。
考え方が変わったのは、違った働き方をし始めた友人の言葉でした。
決断の時は突然で、辞めたことも勢いに近かったです。

これはわたしの挑戦です。
堅実に生きてきたわたしの、初めての挑戦かもしれません。

1年後、会社を辞めたことを後悔するかもしれませんが、
いまはいまやれることを無理せず、がんばろうと思います。